送り出しについて

 

技能実習生の受け入れについて

 

1 安定した労働力を定期的に確保

 

期間は最長3年間で、安定した雇用が確保でき、毎年受入れることにより、長期的な生産体制を組むことができます。

 

2 企業内の活性化

 

若い技能実習生を受入れることにより、職場が明るくなり活性化が図られます。

また、外国人と職場を共にすることで、日本人従業員の国際的な視野が広がるほか、外国人を指導することにより、日本人従業員の成長を促します。

3 国際貢献・技能支援

 

日本の国際貢献に協力する社会的意義のある事業です。また、実習生の母国への技能支援としても重要な役割でもあります。

実習生について

 

*年齢:18歳以上の男女

     (年齢層:18-37歳位)

     社会経験のある者が多いです。

*学歴:中学校卒業または、それ以上の教育を受けているもの。

*健康:大学病院での健康診断にて、問題のないもの。

​*出身

 タイ東北部・北部が中心になります。

 ウドーンターニー、ナコーンラチャシーマー、ブリーラム、コーンケン、

 チェンライ、ノーンカーイ等

*リクルート

 弊社ではMOUを結んでいる東北部の技術短期大学、職業専門学校、農業技術短期大学高等部・短大部の協力を得て行っております。

 在校生、卒業生を紹介して頂いております。 また、各専門の(たとえば、農業、溶接、建築等)の仲介システムもございます。

 幅広い人材を集めるのが可能です。

 

日本語教育について

 

技能実習生指導に特化した専属の日本語教育機関にて、

限られた期間内で最大限の日本語コミュニケーション能力および日本的マナーを身につけられるよう、

カリキュラムにこだわって徹底教育に努めています。

 

◎最大480時間(約3カ月)の集中指導カリキュラム

 限られた期間で習得しなければならない実習生のために、実践的な日本語指導に特化しています。

 

◎実習生各々の必須専門知識教育(*)+実技指導(*) +生活マナー・モラル教育の徹底

 文化の違いによる摩擦を避けるため、モラル・マナー教育については細かく丁寧に行っております。

  実習生が入国後、職場や生活の中で意図ないトラブルを招かないよう、訓練形式での指導にも力を入れています。

 

◎また工場や企業専門用語等の事前研修も実施しております。

 

受け入れの流れ(組合様の場合)

派遣先と職種

 

東京都、茨城県、埼玉県、千葉県、愛知県、兵庫県、徳島県、福岡県、熊本県、大分、鹿児島などで、

業種は、農業関係、建設関係、食品加工関係、機械金属関係、溶接、縫製、自動車修理などです。